ぬる~いアニメの日々 Second Season
ぬるいアニメ(萌えアニメが多い)を中心としたアニメ感想サイト。 不定期更新中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007冬(2006/10-12月期終了アニメ)調査
 以前お誘いを受けておりながら、忙しさのあまり参加できなかったアニメ調査室(仮)さんの調査に、今回は参加させていただきます。
 順位は以前のエントリの通りですが、絶対評価で付けるとこんな感じです。


2007冬(2006/10-12月期終了アニメ)調査

01,009-1,x
02,働きマン,x
03,ケモノヅメ,x
04,はぴねす!,C
05,僕等がいた,Z
06,バーテンダー,x
07,N・H・Kにようこそ,B
08,HANOKA~葉ノ香~,x
09,あさっての方向。,Z
10,ちょこッとSister,x
11,銀色のオリンシス,x
12,NIGHT HEAD GENESIS,x
13,少女チャングムの夢,x
14,ProjectBLUE 地球SOS,x
15,BLACK BLOOD BROTHERS,x
16,くじびきアンバランス,B
17,Funny Pets 2ndシーズン,x
18,イノセント・ヴィーナス,x
19,魔法食堂チャラポンタン,x
20,らぶドル ~Lovely Idol~,F
21,乙女はお姉さまに恋してる,B
22,ギャラクシーエンジェる~ん,E
23,ザ・サード ~蒼い瞳の少女~,x
24,爆球Hit!クラッシュビーダマン,x
25,ツバサ・クロニクル 第2シリーズ,x
26,BLACK LAGOON The Second Barrage,x
27,Gift ~ギフト~ eternal rainbow,C
28,砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2,x
29,ワンワンセレプー それゆけ!徹之進,x
30,増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 2,x
31,夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-,E
32,マージナルプリンス ~月桂樹の王子達~,x

以下注意
33,ウサハナ(キティズパラダイスPLUS内),x
34,けろけろけろっぴ(キティズパラダイスPLUS内),x

上記2作品は終了が確認できておりませんが、
終了の可能性があります
ご覧になっている方は、終了していた場合のみ
評価をお付け下さい


{総評、寸評など}(自由記入、引用する場合あり)

 とまあこんな感じで、最高評価でもB止まり、というのが今期の評価です。
(そもそも今期はあまり本数見ていませんが)
 以下、作品ごとの一言感想です。

04,はぴねす!,C
 後半の展開は恋愛ドラマから逸脱する方向に行ってしまったものの、安易なキャラクター設定だけに頼らず、それぞれの登場人物の因縁を語る事で、物語における存在意義を示そうとした試みとして評価したい。

07,N・H・Kにようこそ,B
 良作。ラストは小説版と比べるとやや甘口。
 小説版のラストを持ってきたら、評価はSだったかも。

16,くじびきアンバランス,B
 ドタバタとしんみりした話のバランスが絶妙。
 また、ちょっとした仕草で、キャラクターの感情を表現する演出が素晴らしい。

20,らぶドル ~Lovely Idol~,F
 第一話のAパート全てを歌に費やした時点で、後半を早送りして視聴終了。

21,乙女はお姉さまに恋してる,B
 ギャルゲー原作アニメとして、かなり良い出来。
 とにかくラストが気持ちよかった。
 「ラムネ」とは対極の手法で成功した良い例となりそう。
 EDもかなり好き。

22,ギャラクシーエンジェる~ん,E
 ぬる~いアニメの金字塔「ギャラクシーエンジェル」に対する期待を、見事に裏切られた。
 結局全部見たけど、最後まで面白くならなかった・・

27,Gift ~ギフト~ eternal rainbow,C
 修羅場展開は楽しめたけど、結局、春彦、莉子、霧乃の三人で人間関係が完結してしまっている、閉鎖的なストーリーが気になった。

31,夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-,E
 「キャベツ」が象徴する様に、作画、世界設定、人物描写、ストーリーなどあらゆる面で説得力がないアニメ。
スポンサーサイト
テンプレート変更
新年なのでテンプレートを変更してみました。
2006年12月終了アニメランキングおよび2006年まとめ
ようやく昨年の未視聴分を全て消化。結局「ギャラクシーエンジェる~ん」は少しも面白くならなかった・・orz

ではまず、2006年12月終了アニメから(ギャルゲー原作アニメの感想は別エントリ参照)。

 正直なところ、今期はアニメより、ダントツで「のだめカンタービレ」にはまっていました。そんな中での、ぬる~いアニメ流ランキングは以下の通りです。

1位:乙女はお姉様に恋してる
2位:くじびきアンバランス
3位:N・H・Kにようこそ!
4位:はぴねす!
5位:Gift
ブービー賞:ギャラクシーエンジェる~ん
ワースト:夜明け前より瑠璃色な

 ええまあ、いろいろと異論はあるでしょうが、ぶっちゃけ最終回の気持ち良さで、「おとボク」を選んでしまったりしています。
 「くじアン」はちょっと色々な要素が入り込みすぎな気もしましたが、演出クオリティの高さは抜群です。ドタバタした展開の合間合間に、ゆったりした話を挟み込んだり、バランス感覚が素晴らしい。時乃が恋愛感情を意識する回とか、いつもの騒々しい演出とは一転して、微妙な仕草で彼女の感情を表現する演出が見事。つーか、時乃カワイイ。
 「N・H・Kにようこそ!」は原作既読ですが、原作に対する再評価も含めて、なかなか良かったと思います。アニメはコミック版のキャラクターデザインを基本としながらもコメディー色をやや抑え気味にし(小説版に近い)、アニメはアニメならではのリアリズムを表現しようとしていたところが好感触です。ラストは小説版と比べるとやや甘めのラストですが、アニメだったらこれもアリ、とは思う。でも個人的には、小説版のラストを持ってきくれれば、青春アニメとして傑作の域に達したと思うので、それはそれで見てみたかった。ちょっと残念。
 「ギャラクシーエンジェる~ん」は冒頭に書いた通り。結局最後まで見てしまったけど、やはり面白くなかった。ぬる~いアニメの金字塔とも云うべき「ギャラクシーエンジェル」を冠しているだけに、期待を裏切った罪は大きい。(でもOPはGJ)

 それでは、次に2006年終了アニメまとめランキング。
 作品自体の善し悪しというよりも、今こうして振り返ってみて、のめり込んだり楽しめたという記憶があるかどうかという観点で並べています。もしかしたら当時の評価と順序が変わっていたりするかもしれませんが、それはそういう事です。
 あ、ちなみに元々本数は絞っているので、網羅性がないランキングですので・・・

 こうして並べてみると、意外と前の作品だと思っていたのが2006年の作品だったり、そういえばココログに見切りをつけてFC2に移ってきたんだったなあ、なんてちょっと懐かしい。

1.おねがいマイメロディ(第一期)
2.涼宮ハルヒの憂鬱
3.錬金3級 まじかる?ぽか~ん
4.ひぐらしのなく頃に
5.乙女はお姉様に恋してる
6.マジカノ
7.いぬかみっ!
8.くじびきアンバランス
9.N・H・Kにようこそ!
10.灼眼のシャナ
11.Fate/stay night
12.ストロベリー・パニック
13.はぴねす!
14.Gift
15.となグラ!
16.Canvas2 ~虹色のスケッチ~
17.鍵姫物語 永久アリス輪舞曲
18.あまえないでよっ!!喝!!
19.かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~
20.ギャラクシーエンジェる~ん
21.夜明け前より瑠璃色な

 こうやって上から並べてみても、2006年は「のだめ」が個人評価で最強なんですよね。アニメ好きとしては残念ですが。

追記:ああっ! 「となグラ!」忘れてたよ。
2006年12月終了アニメ(ギャルゲーアニメ)ランキングおよび考察
 ほぼ四半期に一回の更新ペースとなっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか(笑)。
 さてそれでは2006年12月終了のアニメ感想&ランキングを、と云いたいところですが、まだ「ギャラクシーエンジェる~ん」と「くじびきアンバランス」を見終わっていないので、総合ランキングは次の機会にするとして、今回はギャルゲー原作アニメ限定ランキングで行きたいと思います(つーても4本だけですが・・・)。
 
1位:乙女はお姉様に恋してる
2位:はぴねす!
3位:Gift
ワースト:夜明け前より瑠璃色な


 「おとボク」はEDを見た瞬間に、「これはイケル!」と確信した訳ですが、予想に違えず良い出来だった思います。
 特定の女の子との恋愛ドラマを描くのではなく、むしろ様々な女の子との触れ合いを描くことを主眼としており、「ギャルゲー」というパッケージングを非常にうまくアニメ化した作品と云えるでしょう。
(「おとボク」とは全く正反対の方法論を取って成功したのが「ラムネ」だと思いますが、「ラムネ」の場合は、パッケージングの内容物である個別のシナリオ(七海シナリオ)をアニメ化した作品、と云えるかと思います)
 ラスト付近で貴子エンドかまりやエンドかという展開もあったものの、最終回では結局「誰ともくっつかないエンド」でしたが、これがまた素晴らしく良かった。
 貴子の感情に踏み込んだ描写はそれなりにあったものの、1クールという短い中で、なおかつ多くの女の子を描く事を主眼しとした構成の中では、まだまだラストを盛り上げるには時間不足で、ここで貴子エンドにしてしまったら、薄っぺらい印象しか残らなかったと思います。
 そこをあえて本編では貴子エンドにせず、エンディングの一枚絵で貴子とのデートシーンを見せる事によって、貴子とのその後のストーリーを視聴者の頭の中に膨らませる成功しています(もしかしたら視る人によっては、まりやとのストーリーや一子とのストーリーが浮かんだかもしれません)。

 作画も良好、ストーリーもテンポがよく、とても楽しめました。


 さて、次の「はぴねす!」と「Gift」は僕にとっては対照的な作品だったので、まとめて語りたいと思います。

 「はぴねす!」はギャルゲー原作にも関わらず、恋愛ドラマの要素が薄いという、致命的な欠陥があります。主人公が春姫に設定され、あくまで春姫視点でストーリーが進められたため、雄真は空気に近い状態でした(「ミルモ」の結木摂もそうでした)。
 一方「Gift」では朝倉純一・・・もとい春彦が主人公で、次々と女の子が登場したと思ったら、次の回から義妹の莉子と幼馴染みの霧乃の三角関係にフォーカスした恋愛ドラマを展開していきました。莉子と恋人関係になった後、期待通りの修羅場を迎え、霧乃が黒化するくだりはなかなか見応えがあったと思います。
 にもかかわらず、僕が「はぴねす!」の方を評価するのは、10話で登場人物の人間関係が明らかになる事により、それぞれの登場人物に対して、ちゃんと物語に存在する意義が与えられたからです。

 とかくギャルゲーにおいては、「クラスメート」「先輩」「後輩」「義妹」というような記号によってのみ人間関係が定義されがちですが、「はぴねす!」では、過去に起きたある事件によって結びつけられた人たち、という一歩踏み込んだ人間関係があります。
 これっていわゆる伝奇物に出てくる、因縁の物語と同じ構造です。(話はズレるけど、Fate/Stay Nightのアニメがつまらなかったのは、今にして思うと、キャラクター間の因縁をうまく描けていなかったからだと思う)
 特に感心したのが小雪先輩の設定で、単なる「不思議系先輩系美少女」だと思わせといて、実は彼女の母親・ゆずはは雄真の母親、伊吹の義姉と旧知の仲であり、彼女自身も過去の事件を知っており、雄真を中心とした人間関係をつなぐ、とても重要な役割を持つキャラクターだったのでした。
 10話でこれらが明らかになった時、物語の奥がぐっと広がったような感じを受けました。

 これに対して「Gift」は人間関係については極めて閉鎖的な物語で、基本的には過去から現在に至るまで、春彦、莉子、霧乃の三人で人間関係が完結してしまっています。三人の物語に他の登場人物が絡んでくる事がなく、これがなんとも面白くない。
 たとえば「ラムネ」であれば、健次と七海の関係に対して、ひかりや鈴夏ら登場人物が、基本的には二人を暖かく見守りつつも、色々ちょっかいを出してきたりする人間関係があります。「D.C.(無印)」では、朝倉純一・音夢・さくらの関係に対して、純一・音夢を応援する美春、音夢を気遣う眞子、純一に恋心を抱くことりがいたりして、人間関係に広がりがありました。
 ところが、「Gift」の場合、3人の物語を描くのに注力したあまり、他の登場人物が単なる背景と化してしまっていたのです。他者がこの三人の物語に介入してきたのは、さくら・・・もとい千紗の偽Gift事件ぐらいなんじゃないでしょうか。
 そんなこともあって、ラストに現れた三人以外の登場人物・春彦の母親の物語は、主軸のストーリーから完全に浮いて見えていました。

 「はぴねす!」も決して人間関係の設定を活かし切れた脚本ではなかったと思いますが、「Gift」の閉鎖的なストーリーと比べると数段楽しいと思います。
 ちなみに、女の子のキャラクターデザインは「はぴねす!」が圧勝。春姫も可愛いし、準にゃんに至っては反則的にカワイイ。

 さて、最後に触れないわけにはいかない、「夜明け前より瑠璃色な」。
 「あけるり」といえばキャベツ、キャベツと云えば「あけるり」。 思えば「キャベツ」は、このアニメの出来を象徴的に表しています。それは何かというと、「説得力のなさ」ということです。
 作画、世界設定、人物描写、全てにおいて、このアニメは説得力がなさ過ぎです。
 「乙女はお姉様に恋してる」はかなりトンデモ設定ですが、それでも視聴者にムリなく見せてしまう説得力がありました。
 でも、誰があのキャベツに説得力を感じたでしょうか?
 中世じゃあるまいし、なんで頭に冠をかむった王様が月を統治しているのでしょうか? そもそもなぜ王制なのでしょうか? 
 千歩譲って王制を受け入れたとしても、肝心の月の王様のふがいなさは意味不明です。こんな王様が統治できる世界が信じられません。まだマリーランドの王様の方が王様らしい。
 鼻つまみは新しい愛情表現をねらったものでしょうか? でもどう見ても恋愛ドラマの表現手段には向いていません。単なる変な癖です。
 いくらホームステイしているとはいえ、護衛も付けずに独りでお姫様を外出させるでしょうか? ていうか、そもそも一般家庭にホームステイって、いったい・・・
 達哉はどうして多大な障害を乗り越えてまでフィーナ姫と結ばれる決心が出来たのでしょうか? お姫様はなんで主人公を伴侶に選んだのでしょうか?

 ・・・・きりがないのでこの辺で止めます。


 なんて書いていたら年を越えてしまいました。
 皆様、明けましておめでとうございます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。