ぬる~いアニメの日々 Second Season
ぬるいアニメ(萌えアニメが多い)を中心としたアニメ感想サイト。 不定期更新中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月終了アニメ(ギャルゲーアニメ)ランキングおよび考察
 ほぼ四半期に一回の更新ペースとなっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか(笑)。
 さてそれでは2006年12月終了のアニメ感想&ランキングを、と云いたいところですが、まだ「ギャラクシーエンジェる~ん」と「くじびきアンバランス」を見終わっていないので、総合ランキングは次の機会にするとして、今回はギャルゲー原作アニメ限定ランキングで行きたいと思います(つーても4本だけですが・・・)。
 
1位:乙女はお姉様に恋してる
2位:はぴねす!
3位:Gift
ワースト:夜明け前より瑠璃色な


 「おとボク」はEDを見た瞬間に、「これはイケル!」と確信した訳ですが、予想に違えず良い出来だった思います。
 特定の女の子との恋愛ドラマを描くのではなく、むしろ様々な女の子との触れ合いを描くことを主眼としており、「ギャルゲー」というパッケージングを非常にうまくアニメ化した作品と云えるでしょう。
(「おとボク」とは全く正反対の方法論を取って成功したのが「ラムネ」だと思いますが、「ラムネ」の場合は、パッケージングの内容物である個別のシナリオ(七海シナリオ)をアニメ化した作品、と云えるかと思います)
 ラスト付近で貴子エンドかまりやエンドかという展開もあったものの、最終回では結局「誰ともくっつかないエンド」でしたが、これがまた素晴らしく良かった。
 貴子の感情に踏み込んだ描写はそれなりにあったものの、1クールという短い中で、なおかつ多くの女の子を描く事を主眼しとした構成の中では、まだまだラストを盛り上げるには時間不足で、ここで貴子エンドにしてしまったら、薄っぺらい印象しか残らなかったと思います。
 そこをあえて本編では貴子エンドにせず、エンディングの一枚絵で貴子とのデートシーンを見せる事によって、貴子とのその後のストーリーを視聴者の頭の中に膨らませる成功しています(もしかしたら視る人によっては、まりやとのストーリーや一子とのストーリーが浮かんだかもしれません)。

 作画も良好、ストーリーもテンポがよく、とても楽しめました。


 さて、次の「はぴねす!」と「Gift」は僕にとっては対照的な作品だったので、まとめて語りたいと思います。

 「はぴねす!」はギャルゲー原作にも関わらず、恋愛ドラマの要素が薄いという、致命的な欠陥があります。主人公が春姫に設定され、あくまで春姫視点でストーリーが進められたため、雄真は空気に近い状態でした(「ミルモ」の結木摂もそうでした)。
 一方「Gift」では朝倉純一・・・もとい春彦が主人公で、次々と女の子が登場したと思ったら、次の回から義妹の莉子と幼馴染みの霧乃の三角関係にフォーカスした恋愛ドラマを展開していきました。莉子と恋人関係になった後、期待通りの修羅場を迎え、霧乃が黒化するくだりはなかなか見応えがあったと思います。
 にもかかわらず、僕が「はぴねす!」の方を評価するのは、10話で登場人物の人間関係が明らかになる事により、それぞれの登場人物に対して、ちゃんと物語に存在する意義が与えられたからです。

 とかくギャルゲーにおいては、「クラスメート」「先輩」「後輩」「義妹」というような記号によってのみ人間関係が定義されがちですが、「はぴねす!」では、過去に起きたある事件によって結びつけられた人たち、という一歩踏み込んだ人間関係があります。
 これっていわゆる伝奇物に出てくる、因縁の物語と同じ構造です。(話はズレるけど、Fate/Stay Nightのアニメがつまらなかったのは、今にして思うと、キャラクター間の因縁をうまく描けていなかったからだと思う)
 特に感心したのが小雪先輩の設定で、単なる「不思議系先輩系美少女」だと思わせといて、実は彼女の母親・ゆずはは雄真の母親、伊吹の義姉と旧知の仲であり、彼女自身も過去の事件を知っており、雄真を中心とした人間関係をつなぐ、とても重要な役割を持つキャラクターだったのでした。
 10話でこれらが明らかになった時、物語の奥がぐっと広がったような感じを受けました。

 これに対して「Gift」は人間関係については極めて閉鎖的な物語で、基本的には過去から現在に至るまで、春彦、莉子、霧乃の三人で人間関係が完結してしまっています。三人の物語に他の登場人物が絡んでくる事がなく、これがなんとも面白くない。
 たとえば「ラムネ」であれば、健次と七海の関係に対して、ひかりや鈴夏ら登場人物が、基本的には二人を暖かく見守りつつも、色々ちょっかいを出してきたりする人間関係があります。「D.C.(無印)」では、朝倉純一・音夢・さくらの関係に対して、純一・音夢を応援する美春、音夢を気遣う眞子、純一に恋心を抱くことりがいたりして、人間関係に広がりがありました。
 ところが、「Gift」の場合、3人の物語を描くのに注力したあまり、他の登場人物が単なる背景と化してしまっていたのです。他者がこの三人の物語に介入してきたのは、さくら・・・もとい千紗の偽Gift事件ぐらいなんじゃないでしょうか。
 そんなこともあって、ラストに現れた三人以外の登場人物・春彦の母親の物語は、主軸のストーリーから完全に浮いて見えていました。

 「はぴねす!」も決して人間関係の設定を活かし切れた脚本ではなかったと思いますが、「Gift」の閉鎖的なストーリーと比べると数段楽しいと思います。
 ちなみに、女の子のキャラクターデザインは「はぴねす!」が圧勝。春姫も可愛いし、準にゃんに至っては反則的にカワイイ。

 さて、最後に触れないわけにはいかない、「夜明け前より瑠璃色な」。
 「あけるり」といえばキャベツ、キャベツと云えば「あけるり」。 思えば「キャベツ」は、このアニメの出来を象徴的に表しています。それは何かというと、「説得力のなさ」ということです。
 作画、世界設定、人物描写、全てにおいて、このアニメは説得力がなさ過ぎです。
 「乙女はお姉様に恋してる」はかなりトンデモ設定ですが、それでも視聴者にムリなく見せてしまう説得力がありました。
 でも、誰があのキャベツに説得力を感じたでしょうか?
 中世じゃあるまいし、なんで頭に冠をかむった王様が月を統治しているのでしょうか? そもそもなぜ王制なのでしょうか? 
 千歩譲って王制を受け入れたとしても、肝心の月の王様のふがいなさは意味不明です。こんな王様が統治できる世界が信じられません。まだマリーランドの王様の方が王様らしい。
 鼻つまみは新しい愛情表現をねらったものでしょうか? でもどう見ても恋愛ドラマの表現手段には向いていません。単なる変な癖です。
 いくらホームステイしているとはいえ、護衛も付けずに独りでお姫様を外出させるでしょうか? ていうか、そもそも一般家庭にホームステイって、いったい・・・
 達哉はどうして多大な障害を乗り越えてまでフィーナ姫と結ばれる決心が出来たのでしょうか? お姫様はなんで主人公を伴侶に選んだのでしょうか?

 ・・・・きりがないのでこの辺で止めます。


 なんて書いていたら年を越えてしまいました。
 皆様、明けましておめでとうございます。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
今期終了アニメをまとめて総括!評価:S(とても良い)、A(良い)、B(やや良い)、C(普通)、D(やや悪い)、E(悪い)(※追記:1/5 あさって追加)あさっての方向。MVP:からださん、しょこさん
2007/01/05(金) 05:06:45) | アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。