ぬる~いアニメの日々 Second Season
ぬるいアニメ(萌えアニメが多い)を中心としたアニメ感想サイト。 不定期更新中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月終了アニメ(ギャルゲーアニメ)ランキングおよび考察
 ほぼ四半期に一回の更新ペースとなっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか(笑)。
 さてそれでは2006年12月終了のアニメ感想&ランキングを、と云いたいところですが、まだ「ギャラクシーエンジェる~ん」と「くじびきアンバランス」を見終わっていないので、総合ランキングは次の機会にするとして、今回はギャルゲー原作アニメ限定ランキングで行きたいと思います(つーても4本だけですが・・・)。
 
1位:乙女はお姉様に恋してる
2位:はぴねす!
3位:Gift
ワースト:夜明け前より瑠璃色な


 「おとボク」はEDを見た瞬間に、「これはイケル!」と確信した訳ですが、予想に違えず良い出来だった思います。
 特定の女の子との恋愛ドラマを描くのではなく、むしろ様々な女の子との触れ合いを描くことを主眼としており、「ギャルゲー」というパッケージングを非常にうまくアニメ化した作品と云えるでしょう。
(「おとボク」とは全く正反対の方法論を取って成功したのが「ラムネ」だと思いますが、「ラムネ」の場合は、パッケージングの内容物である個別のシナリオ(七海シナリオ)をアニメ化した作品、と云えるかと思います)
 ラスト付近で貴子エンドかまりやエンドかという展開もあったものの、最終回では結局「誰ともくっつかないエンド」でしたが、これがまた素晴らしく良かった。
 貴子の感情に踏み込んだ描写はそれなりにあったものの、1クールという短い中で、なおかつ多くの女の子を描く事を主眼しとした構成の中では、まだまだラストを盛り上げるには時間不足で、ここで貴子エンドにしてしまったら、薄っぺらい印象しか残らなかったと思います。
 そこをあえて本編では貴子エンドにせず、エンディングの一枚絵で貴子とのデートシーンを見せる事によって、貴子とのその後のストーリーを視聴者の頭の中に膨らませる成功しています(もしかしたら視る人によっては、まりやとのストーリーや一子とのストーリーが浮かんだかもしれません)。

 作画も良好、ストーリーもテンポがよく、とても楽しめました。


 さて、次の「はぴねす!」と「Gift」は僕にとっては対照的な作品だったので、まとめて語りたいと思います。

 「はぴねす!」はギャルゲー原作にも関わらず、恋愛ドラマの要素が薄いという、致命的な欠陥があります。主人公が春姫に設定され、あくまで春姫視点でストーリーが進められたため、雄真は空気に近い状態でした(「ミルモ」の結木摂もそうでした)。
 一方「Gift」では朝倉純一・・・もとい春彦が主人公で、次々と女の子が登場したと思ったら、次の回から義妹の莉子と幼馴染みの霧乃の三角関係にフォーカスした恋愛ドラマを展開していきました。莉子と恋人関係になった後、期待通りの修羅場を迎え、霧乃が黒化するくだりはなかなか見応えがあったと思います。
 にもかかわらず、僕が「はぴねす!」の方を評価するのは、10話で登場人物の人間関係が明らかになる事により、それぞれの登場人物に対して、ちゃんと物語に存在する意義が与えられたからです。

 とかくギャルゲーにおいては、「クラスメート」「先輩」「後輩」「義妹」というような記号によってのみ人間関係が定義されがちですが、「はぴねす!」では、過去に起きたある事件によって結びつけられた人たち、という一歩踏み込んだ人間関係があります。
 これっていわゆる伝奇物に出てくる、因縁の物語と同じ構造です。(話はズレるけど、Fate/Stay Nightのアニメがつまらなかったのは、今にして思うと、キャラクター間の因縁をうまく描けていなかったからだと思う)
 特に感心したのが小雪先輩の設定で、単なる「不思議系先輩系美少女」だと思わせといて、実は彼女の母親・ゆずはは雄真の母親、伊吹の義姉と旧知の仲であり、彼女自身も過去の事件を知っており、雄真を中心とした人間関係をつなぐ、とても重要な役割を持つキャラクターだったのでした。
 10話でこれらが明らかになった時、物語の奥がぐっと広がったような感じを受けました。

 これに対して「Gift」は人間関係については極めて閉鎖的な物語で、基本的には過去から現在に至るまで、春彦、莉子、霧乃の三人で人間関係が完結してしまっています。三人の物語に他の登場人物が絡んでくる事がなく、これがなんとも面白くない。
 たとえば「ラムネ」であれば、健次と七海の関係に対して、ひかりや鈴夏ら登場人物が、基本的には二人を暖かく見守りつつも、色々ちょっかいを出してきたりする人間関係があります。「D.C.(無印)」では、朝倉純一・音夢・さくらの関係に対して、純一・音夢を応援する美春、音夢を気遣う眞子、純一に恋心を抱くことりがいたりして、人間関係に広がりがありました。
 ところが、「Gift」の場合、3人の物語を描くのに注力したあまり、他の登場人物が単なる背景と化してしまっていたのです。他者がこの三人の物語に介入してきたのは、さくら・・・もとい千紗の偽Gift事件ぐらいなんじゃないでしょうか。
 そんなこともあって、ラストに現れた三人以外の登場人物・春彦の母親の物語は、主軸のストーリーから完全に浮いて見えていました。

 「はぴねす!」も決して人間関係の設定を活かし切れた脚本ではなかったと思いますが、「Gift」の閉鎖的なストーリーと比べると数段楽しいと思います。
 ちなみに、女の子のキャラクターデザインは「はぴねす!」が圧勝。春姫も可愛いし、準にゃんに至っては反則的にカワイイ。

 さて、最後に触れないわけにはいかない、「夜明け前より瑠璃色な」。
 「あけるり」といえばキャベツ、キャベツと云えば「あけるり」。 思えば「キャベツ」は、このアニメの出来を象徴的に表しています。それは何かというと、「説得力のなさ」ということです。
 作画、世界設定、人物描写、全てにおいて、このアニメは説得力がなさ過ぎです。
 「乙女はお姉様に恋してる」はかなりトンデモ設定ですが、それでも視聴者にムリなく見せてしまう説得力がありました。
 でも、誰があのキャベツに説得力を感じたでしょうか?
 中世じゃあるまいし、なんで頭に冠をかむった王様が月を統治しているのでしょうか? そもそもなぜ王制なのでしょうか? 
 千歩譲って王制を受け入れたとしても、肝心の月の王様のふがいなさは意味不明です。こんな王様が統治できる世界が信じられません。まだマリーランドの王様の方が王様らしい。
 鼻つまみは新しい愛情表現をねらったものでしょうか? でもどう見ても恋愛ドラマの表現手段には向いていません。単なる変な癖です。
 いくらホームステイしているとはいえ、護衛も付けずに独りでお姫様を外出させるでしょうか? ていうか、そもそも一般家庭にホームステイって、いったい・・・
 達哉はどうして多大な障害を乗り越えてまでフィーナ姫と結ばれる決心が出来たのでしょうか? お姫様はなんで主人公を伴侶に選んだのでしょうか?

 ・・・・きりがないのでこの辺で止めます。


 なんて書いていたら年を越えてしまいました。
 皆様、明けましておめでとうございます。
2006年冬(いや、秋だよね)のアニメ
 なんかやたら忙しくて、ようやくこの週末に、先週末まで撮りためた分を消化したという有様。
 あいかわらずマイメロだけはほぼリアルタイムで見てますがね。今日のマイメロ最高に面白かった~。
 ということで気分が良いので、今期のアニメの一言評価。

デスノート
 原作未読。ずっと読みたかったのですが、アニメが始まったのでアニメから入る事になりました。(なぜか西尾維新の小説は買っているけどね、それもまだ読んでいない)
 期待通り、メチャメチャ面白い。アニメのクオリティも上々。これからも楽しみ。

Gift ~ギフト~ eternal rainbow
 やっぱダ・カーポ。今回はことりが義妹役で、幼馴染み役の音夢と朝倉を奪い合うというお話なんですね!
 2話で既に修羅場展開になりそうな予感がしていますが、修羅場物もそろそろ食傷気味なんですよね・・・・

はぴねす!
 今期の萌えアニメの中では一番期待できそう。
 魔法少女、義妹、(おそらく)幼馴染み、とお約束の要素が満載という点ではGiftと同様だけど、あまりそれが鼻につかない。準の存在が強力すぎるというのもあるけど(笑)、おそらく春姫の視点で描いているのが良いのだと思う。
 準もいいけど、始終頬染めしている春姫がかわいい。

ギャラクシーエンジェる~ん
 繰り返し見たくなるOPに比べて、本編が今ひとつ。やっぱり、ミルフィーユ達に比べると、キャラが致命的に弱いなあ。
 まずはノーマッド復活でよろしく。

夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-
 微妙。面白くなりそうな、ならなさそうな感じ。
 ・・・なんて思っていたら、作画崩壊でいきなり今期のネタアニメに急浮上した模様。
 もうしばらく見るか。

乙女はお姉さまに恋してる
 トランスジェンダーもの(本当は違うけど)は今ひとつ好みじゃないんだよなぁ、かしましのはずむも最後まで違和感あったしなぁ、なんて思ってみていたら、EDでやられた!
 このキャラの崩し方は好みかも。ストーリのテンポもなかなか良い。

くじびきアンバランス
 ひたすら動き回るコミカルな展開が楽しい。
 評価は別れているみたいですが、個人的にはかなり当たりだと思っています。
 後藤邑子さんのぽんこつボイスを堪能できるし。

らぶドル ?Lovely Idol?
 1話のほぼAパートを費やして歌を歌っていたのに耐えられず、強制終了。
 芸能界物って好きじゃないし。
 さようなら。

 ということで、例によって絞りまくった結果、今期はこんな感じです。
 本当は「ネギま!?」と「Kanon」も見たいのですが、深夜アニメじゃなかったり、BSだったりで断念。
 そのうち、どこかで見ると思いますが。
ギャラクシーエンジェる~ん 第1話「出撃!天使のスクランブる~ん」
 ギャラクシーエンジェルといえば、ぬる~いアニメの聖典とも云うべき存在。
 そんなアニメの新シリーズとあっちゃ、見ない訳には行きません。
 「ギャラクシーエンジェる~ん」というタイトルも、脱力感全開でダメそうな感じがして、とても素晴らしい。
 る~ん。

 OPの腰振りダンスが可愛い。と思ったら、「マジカノ」と同じ監督なんですね。ちょっと期待。
 今回のルーンエンジェル隊は、やや年齢層が低めかな。まだ名前と顔が一致しない。
 とりあえず覚えたのはアプリコット・桜葉とカルーア(テキーラ)・マジョラム。アプリコットはどうやら姉よりは有能そうな感じ。テキーラはエロくて、期待大。
 あと、なぜかねねこがいるのだ。

 あまり投げっ放していないような気もするけど、ストーリーはギャラクシーエンジェル伝統の脱力系。シリアスにならなくてよかった。

 んがしかし!
 ミルフィーユも蘭花もミントもヴァニラもフォルテさんも、ウォルコット中佐とノーマッドもいない穴は、とてつもなく大きかったのですよ。
 なんかこう、GA見ているけど、GAじゃないような寂しい気分。
 しばらく気持ちを切り替えるのに時間がかかりそうです。
 
Gift ~ギフト~ eternal rainbow 第1話 「虹が宿る町」
 これなんてD.C.? って誰もが思う。

 いくらなんでもパクり過ぎでしょこれは。
 キャラクターデザインもそうだし、制服のデザインもそっくり。海岸の街と消えない虹という舞台設定、魔法使いなどなど。その帽子は誰にもらったんですか?
 音夢もいればさくらもいるし、ことりっぽいのもいるし、杉並までいる。
 うたまるまでいるじゃん。
 主人公が「かったるい」とか言い出したら、即パンチですな。

 まあキャラクターもそこそこ可愛いし、しばらく様子を見ましょう。
 「ギフト」というあまりにもベタな設定に、どこまで耐えられるかが勝負です。
 (既に1話のテニス少女のエピソードで挫折しそうですが・・・)
いぬかみっ! 第26話「ヒカリっ!」
 見事な変態アニメでした。やはり最後は象さんで締めるのね(笑)。

 厳しいテレ東規制の中、良くもこれだけ下ネタ満載のアニメを放映できたものだと思いますよ。象さんは良いとしても(良いのか?)、ようこの騎乗位ネタは、ほとんど放送禁止だと思うのですが。

 作画はちょっと微妙だったけど、ようこや、最初は集団でしか認知できなかった薫のいぬかみたちも、そして続々登場する数々の変態たち、それぞれのキャラクターが生き生きしてて、毎週見ていて楽しかったです。

 シリーズ中の白眉はなんつっても、18話のエンディング「友情物語・男子(?)バージョン」。本気で吹きました。
 千葉繁を引っ張りだしてきたのも評価高い。あの役は彼でなければ出来まい。

 それにしても、この変態アニメが劇場版ですと?
 もしかして、X-Reatedですか?(笑)
ストロベリー・パニック 第26話「はじまり」
 魅惑の百合アニメ、ストロベリー・パニックも終了。
 ずばり、楽しかったです。ネタアニメという説は否定しないものの、楽しかったのは間違いありません。
 このアニメはストーリーをどうこう云うより、キャラクターで見るのが正しい。
 ということで、最後にキャラクター感想です。


<聖ミアトル女学園>
蒼井 渚砂
 予告の「ねぇ、玉青ちゃん?」という、喋り方がお気に入り。
 個人的には「ねぇ、ミルモ?」以来久しぶりのヒット(笑)。
 中原麻衣は力んだ演技より、この手のさり気なくすっとぼけた感じの方が良いです。

 エロワール様に迫られると、すぐ腰砕けになってしまうところは可愛かったのですが、でもやっぱり最後は、玉青ちゃんとくっついて欲しかったですね。

涼水 玉青
 結局玉青ちゃん、引いてしまいました。最後は静馬とガチで対決するのでは、と期待していたんですがね。ラスト前の話とか、彼女が不憫で不憫で。
 渚砂に注ぐ愛情とその立ち振る舞いから大道寺知世を彷彿させましたが、彼女の境地に達するにはまだまだだったようです。
 (ちなみに、「玉青ちゃん+千華留様=知世ちゃん」なのは間違いないと思われます)
 せめて、静馬卒業後には再び渚砂を我がものとしてもらいたいものです。

花園 静馬
 最終話で映画「卒業」のごとくヒロイン渚砂を奪取したものの、全く盛り上がりませんでした。結局彼女には全く感情移入できなかったですからね。
 ストパニのキャラクターの中では、一番面白みのないキャラでした。
 まだしも当初の「女バンコラン」的な頃の方が、楽しかったなあ。あのままエロワール全開で、最後まで突っ走ってくれれば良かったのに(笑)。

六条美雪
 とりあえず、泣き虫美雪は可愛かったという事で。
 しかし、どう考えても一番のツンデレはこいつだな、蕾じゃなくって。

月館 千代
 ドジッ子メイド服、しかも妹キャラという完璧な属性を持つものの、あまり出番がなくて残念。
 男が主人公の作品だったら、もっと日の目を見たかもしれないのに・・・

<聖スピカ女学院>
此花 光莉
 天然悪女。可愛いんだけどね~。
 さすがに、夜々への仕打ちはヒドイ。

南都 夜々
 恐らく登場人物の中では、最も百合嗜好が強いと思われる彼女。可哀想だという点では、玉青ちゃんを上回ってます。光莉ちゃんから、お友達コンボを20連発ぐらい浴びせられてますからね。
 渚砂が固ってしまうぐらいの巨乳の持ち主なのに、勿体ない・・(関係ない)

鳳 天音
 マジメ一直線のキャラクターだと思っていたのに、こんなに面白い奴だとは思いませんでした。
「私、鳳天音は此花光莉を全身全霊を賭けて守ることを誓います!」
 なんじゃそりゃ。笑いが止まらん(笑)
 生徒たちが誰も突っ込まないのがまた大笑い。
 エトワール選って、何? 何なの?(笑)

冬森詩音
 そのエトワール選に天音を送り込んだ張本人。
 天音&光莉のエトワール決定に涙している様子が、どう見ても、結婚式で安堵の涙を流す母親の姿にしか見えません。

剣城要
 なに気においしいキャラクターでした。
 最初は単なる嫌な奴だったのですが、やがて桜塚美紀も顔負けの電波ポエマーである事が判明。
 最後は天音のライバルとして対決し、敗北しながらも見事天音の背中を押す役を果たします。
 しかし、なぜテニスで勝負をしたのか。
 ポエムで勝負するべきだったのではないか?
 
鬼屋敷桃実
 エロ担当(ヒドイ)。
 実は、順当に報われたカップルは要&桃実だけじゃないのか?

奥若 蕾
 どこからどうみても、分かりやすいツンデレでしたが、この娘もあまり活躍の場がなくて残念でしたね。
 もっと夜々ちゃんとの絡みがあったら良かったのにね。

<聖ル・リム女学校>

源 千華留
 えっと、愛してます。
 ストパニ・キャラクターNo1は間違いなく彼女。
 慈愛の心と天真爛漫さと破天荒さを兼ね備え、しかも容姿端麗・頭脳明晰。
 彼女が新しいクラブを作るたびに癒されました。「一番乗り部」って、もはや訳分からないですけど(笑)。
 エトワール選の最後は、実は大番狂わせで千華留様がエトワールに、なんて展開もアリかと思いましたが、さすがにそれはありませんでしたね。
 ということで、次回作があるのならば、「源千華留の大冒険」で決まり。

白檀 籠女
 単なる無口・自閉キャラと思いきや、超常能力を発揮した彼女。
 パーシヴァル、動いているよ!

日向 絆奈・夏目 檸檬
 あまりこの二人がメインで話を引っ張るという展開はなかったのですが、いつも楽しそうで微笑ましい二人でした。
 二人で指相撲している時の、不意打ちキスが可愛すぎる。

<結論>
 今回はミアトルとスピカがメインだったけど、マジで、ル・リム編希望。
 絶対ル・リムが楽しい。
ひぐらしのなく頃に 第26話「罪滅し編 其の伍リテイク」
 結局解決されない多くの謎を残したまま、アニメは終了してしまいました。
 原作の解決編のうち、半分しかアニメ化されていないので、当然と言えば当然。本当の解決を知りたければ原作を買えということですかね。
 とはいえ、アニメのこの終わり方も好きです。
 表面的にハッピーエンドを迎えたかのように見せて、実はまだ終わってなかった--ホラー映画によくある終わり方ですが、繰り返される惨劇のループという物語の構造が明かされた後であるため、単なる手法ではなく、深みを感じさせる終わり方になっていたと思います。
 「いいわ、遊んであげる」
 全てを知る少女、梨花ちゃんがこの後どのように行動するか想像すると楽しいです。
(ラストで、「富竹さんはやはり死ぬのが仕事の人だった」と喜んでしまったのは秘密です)

 ミステリ好きにも色々いるのでしょうが、僕は論理的な解決の部分よりは、ミステリ的道具立て(あやしげな館とか猟奇殺人とか先祖の復讐とか)を楽しむタイプなので、「ひぐらし」はそんな僕にとって毎週毎週楽しみな作品でした。
 残念ながらミステリとしては完結せず(つまり論理的な解決は無しに)、SFとして終了してしまいましたが(笑)。
 そのうちiTunesStoreに続々登場するであろうドラマCDで、ミステリの部分を補完していきたいと思います。

 ところで、原作はちゃんとミステリとして終わっているのかな? かな?
テレ東の素敵
 いつもながらゴーイングマイウェイのテレ東ですが、今回のネタは面白すぎ。
 しばらく笑いが止まらなかったです。


テレビ東京の新総裁がちょっと違うぞ(ニュー速クオリティ)
ひぐらしのなく頃にドラマCDがiTunes Storeに登場
 アニメと同じ声優(ていうかこちらの方がアニメに先行して出ていたんですよね)による、ドラマCDが、iTunes Storeのオーディオブックで販売されています。
 アニメではずいぶん原作エピソードが端折られているという話を聞きますが、このCDはもれなく収録されているのでしょうか。何と言っても、3時間54分の長丁場。
 この手のドラマCDがネットで配信されるのは、非常にありがたいですね。

ドラマCDひぐらしのなく頃に(鬼隠し編)
icon

佐藤の憂鬱
ちょっと、ツボッた。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。